PROIMP

製造業のための利益改善(収益改善)コンサルティング






































































































































































































































































































































改善事例をご覧になりたい方は下のボタンをクリックしてください

















利益改善(収益改善)は原価低減、生産性向上、体質強化から


ここでは今取り巻く環境とリスク、製造業のための利益改善 (収益改善)支援に関して纏めてあります。原価低減、生産性向上、体質強化は製造業においては事業継承の上でとても大切なことで利益創出のための原点と言っても過言ではありません。販売価格を何の制約もなく自由に設定出来、利益を創出できる企業は少ないと思います。まずは基本をしっかりと固めることが長期に渡る事業継承で大切なこととなります。



当コンサルティングでは貴社の企業価値向上のために3本の柱で支援いたします


利益改善(収益改善)は企業価値向上に繋がります。当利益改善(収益改善)支援プログラムは、原価低減、生産性向上、体質強化の3本の力強い構造柱によって成り立っており長年に渡るサブライチェーンと現場経験、多くの成功事例と改善実績をベースにお応えすることが出来ます。


本題の前に、今 中小企業製造業を取り巻くリスク環境についても是非目を通してみて下さい。

中小企業製造業を取り巻くリスク



利益の出ない会社は規模の縮小や廃業にさらされるリスクがある上に日本には働き手人口の減少と地震国という二つの環境リスクを抱え継承問題も考えなければならない。




製造業の廃業率は開業率よりも高く、企業総数は減少化傾向


近年では毎年20社に1社は廃業に追い込まれている。この廃業率は開業率をはるかに上回り企業総数の減少が続いている。利益(収益)が出せ会社継承が可能な体制を作る必要がある。





働き手人口減少化が維持・成長阻害を引き起こす。 生産性向上は急務



働き手人口は2065年には2015年比で40%も減少する。2040年でも今より20%以上の減が見込まれる。
ビジネスの維持のために新たな人を採用すればよいということが簡単にはいかなくなる時代が急速にくる。ただでさえ日本の生産性は主要7か国(G7)の中で最低。特に採用が厳しい中小企業では生産性の大幅な向上が急務である。これを怠ると思わぬところで事業継承で行き詰まりが発生する。




日本は震災国。災害は突然発生、BCP(BCM)準備は必須



近年でも1995年の阪神淡路大震災、2004年の中越地震、2011年の東日本大震災、同年のタイ大洪水、2016年の熊本地震等大きな災害が発生している。災害地は勿論であるが災害地外であっても安心は出来ない。BCP/BCMの準備がのない中小企業は取引先の企業の影響でビジネスがまわらなくなり事業を縮小し従業員を解雇しなければならない状況が発生する可能性も有る。どちらのケースも最悪廃業に追い込まれることを念頭に置かなければならない。



当社の利益改善(利益創出)のためのコンサルティング
何故当社の中小企業製造業のための利益改善支援プログラムがこの3本の柱を基本にして出来ているのかが少しお分かりになったかと思います。この3本の柱の下にもしっかりとした支えの骨組みがあり利益改善をサポートしていきます。



継続的に利益改善活動を行うための重要なポイント
単発的な利益改善(収益改善)活動とならないようにするには組織的な仕組みが必須です。


  


製造業における利益構造と利益改善対象組織(プロセス)

 製造業の会社の利益は基本下記の様になっています。




下図は一般的な製造会社の組織と利益・費用構造をマトリックスで表したものです。



改善の対象となる主な組織やプロセスを◎と○で示しましたが多くの場所に宝の山があることがご覧いただけると思います。又サプライチェーンはサプライヤーから顧客までのEnd-To-End の範囲となります。


  


契約、コンサルティングの流れ



改革・改善コンサルティングと人材教育セミナー・研修に関して
基本コース 主な支援内容 期間
サプライチェーンマネジメント(SCM) セミナー・研修   1日
2 製造原価低減人材教育研修 (社員、マネージャー向け) 1日
3 経営層向け収益改善研修 (経営層、上位管理職)  1日
4 改革/改善プログラム(改善計画書+2日/月支援) 1年
5 改革/改善プログラム(改善計画書+1日/週支援) 1年
6 改革/改善プログラム(改善計画書+2日/週支援) 1年
7 改革/改善プログラム(改善計画書+カスタマイズ) 1年

上記4から7の改革/改善支援プログラムは、@原価低減、A生産性向上、B体質強化、CSCM改革、の中からお選び頂けます。基本一年単位となります。契約はコンサル契約、顧問契約、社外役員契約のいずれでも対応可能ですのでご相談ください。


改善実施計画書に関して

 お客様からの相談内容と予備調査の分析を通してその会社が抱える課題から利益改善(収益改善)のための3本の柱を土台に改善実施計画書としてご提案いたします。このため改善実施計画書は標準ではなく一社ごと異なります。



体質強化