PROIMP

製造業のためのSCM改革コンサルティング




















































































































































































































































改善事例をご覧になりたい方は下のボタンをクリックしてください


















製造業のためのSCM改革


 商品が最終的に消費者に届くまでには、原材料、部品メーカー、メーカー、一次店、二次店などの複数の企業が関わっておりこれらが鎖状に繋がっています。これが供給連鎖(サプライチェーン)です。そしてこれまで一企業の中だけで取り組まれてきた物流の効率化ではなく、商品供給に関わる企業が1企業の枠を超えて供給連鎖全体を適正化を求めて管理する考え方がSCMである。但し、システム導入を自社の余裕資金を比べ無理している場合や十分な検証を怠ってシステム構築を行った場合には事業を揺るがしかねない大きな落とし穴が待っています。ここではその注意点と弊社が推奨するSCM改革についてお話します。







上記実態の補足説明
統合ソフトパッケージの取扱いメーカーからの数々(需要予測の効率化、在庫最適化、欠品低減、各種レポートの自動作成、等々)の素晴らしい提案を受け実行に移したものの社内の複雑な取り扱いデータ仕様を事前に良く整理せずにスタートに踏み切ったか、データ接続とそのタイミングフローをしっかりと検証せずに行ったか、或いは予測外の所まで含めて事前に十分なテスト(UAT)を実施しなかったか、又は経験が少ない企業側人材、コンサル、システム導入業者が行ったケースが原因であることが多く見受けられます。これらによりコンサルは動かないことが怖くてプロセス作りの選択肢に有効案が存在してもより安易な案へ誘導し、出来上がったシステムは導入他社と比べ差別化とならず並みとなるケースも多く見受けられます。加えて導入プロジェクトのノウハウを社内に残せなかった企業はたとえシステムが動いたとしてもいずれ大きな問題に直面することにもなります。また動いたとしてもこれまでうまくいっていたはずの納期回答が悪化(高度な紐づけ機能を持っていることが逆に足かせ)するなど思いもよらない問題が発生することもありえる事前に何も知らされないことがほとんどです。

当社は統合ソフトパッケージの導入を無理押ししない
決してSAP/ERPシステムの導入をやめた方がいいと言っているわけではありません。導入のための余裕資金、導入しようとするシステムの十分な機能とリスク知識、自社のプロセスをよく理解されているコンサルとSI'erの存在があって初めて期限通り(予算通り)で期待するレベルのシステム構築が出来上がるのです。無理な資金で行なおうとしますと結果的に調査や検証がおろそかになってうまく事が運ばず期間延長のための多額の追加資金を要求されるはめになったり、システムが取り扱うDATAとそのフローを良く存じ上げないままプロセスを作り上げシステムに適用しようとして初めてシステムが動かないことが分かるリスクが非常に大きいからです。いずれも中小企業では費用が膨れ上がり会社の経営問題にまで影響を及ぼすことがよくあります。統計が取れている米国では失敗率が60~70%と言われ、同じようなソフトウェアパッケージの導入を行っている日本国内でも同様と言われる所以です。私自身SAPの導入に2回(内一回はPM)、Global EDI, Global VMI, Global SCM, 外注先を含めたバーチャルSCM生産システム、無人ロボット生産システム構築に携わってきましたのでSI'er側の様子もシステムの欠点もよく分かります。もし財務・原価上問題なく動いているシステムを所有しているならば今後も使い続けるための最小限のシステム更新にとどめ、既存のシステムを最大限に活用する方法もあります。高度な機能を持った高額なパッケージソフトであろうと安いソフトであろうとどちらも使い方(運用)如何です。高機能な統合パッケージソフトは、各機能を有効に使用できる環境を整えるところまで持って行っていれば非常に心強く安心感も生まれますが既存のシステムでもうまく使えば社内での理解者も多く又小回りも効き、何かあった時の対処も早く出来易いという強みを持っています。特に納期に関しては統合ソフト以上のパフォーマンスを出すことも決して不可能ではありません。これから進めようとするSCM改革はコストパフォーマンスを念頭に置き失敗しないプロセス改革を目指しましょう。

ご参考 (統合ソフトの導入が必須という企業様は是非読んでください)


SCM/ITソフトの導入が不可欠と考えている企業様には、企業様側立場に立って導入を支援致しますのでご安心下さい。

社が推し進める中小企業 製造業のためのSCM改革コンサルティング

        Supply Chain Management の概念とプロセス範囲


SCMは事業や会社の経営効率の向上を実現する経営管理手法の一つで、企業間の情報を最大限に活
用することで物とサービスを適正に管理する手法となります。物は下流からのサプライ、デマンド情報は上流か
らの流れでこの二つが有効にかみ合ったときに納期や在庫を適正化出来、これがビジネスの発展や生産性
向上につなげることが出来ます。しかしながら単にモノと情報が流れているだけでは真のSCMとは言えません。
各プロセス共に最大限に効率化して初めて競争力のある差別化可能なSCMが出来上がります。従って
決して最新SCMソフト導入ありきではありません。IT化を見越したしっかりとしたプロセスの確立を行うこと。そ
の上でITシステムをどうするかです。勿論、今お使いのシステムの活用も一案です。



上記はキーとなる施策を列記したものですが基本方針と支援プログラムの全容は下記をご覧ください。





上記は当SCM改革支援プログラムを構造的に表したもので3本の柱の内容もご覧いただけると思い
ます。プロセスの改善と適正化を行ない納期の短縮化、在庫の削減化を行うと共に企業の体質強化
を図りビジネスの発展を総合的にサポートるため戦略的実施項目以外のものも加えられて構成され
ています。


契約、コンサルティングの流れ



改革・改善コンサルティングと人材教育セミナー・研修に関して
基本コース 主な支援内容 期間
サプライチェーンマネジメント(SCM) セミナー・研修   1日
2 製造原価低減人材教育研修 (社員、マネージャー向け) 1日
3 経営層向け収益改善研修 (経営層、上位管理職)  1日
4 改革/改善プログラム(改善計画書+2日/月支援) 1年
5 改革/改善プログラム(改善計画書+1日/週支援) 1年
6 改革/改善プログラム(改善計画書+2日/週支援) 1年
7 改革/改善プログラム(改善計画書+カスタマイズ) 1年

上記4から7の改革/改善支援プログラムは、@SCM改革、A原価低減、B生産性向上、C体質強化の中からお選び頂けます。基本一年単位となります。契約はコンサル契約、顧問契約、社外役員契約のいずれでも対応可能ですのでご相談ください。


改善実施計画書に関して

 お客様からの相談内容と予備調査の分析を通してその会社が抱える課題から利益改善(収益改善)のための3本の柱を土台に改善実施計画書としてご提案いたします。このため改善実施計画書は標準ではなく一社ごと異なります。